男の人

話題の太陽光発電投資に注目しよう|メリットが盛り沢山

営業活動もしてくれる

紙幣

免責期間の長さにも注意

免責期間は家賃保証契約を不動産会社と結ぶ場合に、特に注意をしておきたい点です。大家と不動産会社が家賃保証契約を結んだ直後は、まだ賃貸経営が安定していないことがよくあります。入居者が募集中であったり、物件の管理状態が不安定であったりといった理由のためです。そのため不動産会社は契約直後から特定の期間、空室が出ても家賃の支払いを免除される免責期間を設けるのが一般的です。免責期間中に空室が出ても賃料が支払われないため、大家側は空室のリスクが大きくなります。そこで契約前には免責期間問題がないか、気をつけておきます。また家賃保証は保証額の上限も不動産会社ごとに異なります。保証額も含めて、契約内容をトータルで判断することが重要です。

入居審査でトラブルも減少

多くの不動産会社や管理会社は家賃保証の他に、賃貸物件の管理業務や営業活動もセットにして商品を提供しています。特に営業活動は、不動産業務のノウハウを生かして行ってくれるので、大家には難しい継続的な入居者集めを行ってくれます。入居審査付きの家賃保証は大家の負担が大幅に軽減されるので、どういった内容か詳しく知っておくと役立ちます。賃料の支払いに問題がないか、また入居後にトラブルを起こさないかなどをチェックするのが入居審査です。高精度な入居審査をできる不動産会社ならば、入居者の賃料延滞も少なくなるので家賃保証の保証額なども安定するメリットがあります。家賃保証の内容だけでなく、入居審査に関してもしっかりとしている会社と契約を交わせば、大家にとってはさらに不動産経営の安定につながります。