男の人

話題の太陽光発電投資に注目しよう|メリットが盛り沢山

しっかり検証すること

相談

手間がかからないメリット

2015年の国勢調査で、日本の人口減少がはっきりと確認されました。5年前の調査に比べ、約95万人の減少、率にして0.7%減ということです。ここから言えることは、今後の不動産投資において、空き家という問題と向き合わなければならないことです。そんなときにサブリース契約をすると便利です。サブリースとは、又貸しや転貸のことを指します。具体的には、大家さんが不動産会社に物件を一括で貸出し、入居者は不動産会社とだけ契約を結ぶ状態を意味します。では、大家さんにとって、サブリース契約を結ぶ利点はどんなところにあるのでしょうか。まずは、空家の有無に関わらず、不動産会社から毎月一定のリース料を得ることが出来ることです。加えて、住民の募集やトラブルやクレーム、メンテナンスに関して、全て任せることが出来ます。さらには、金銭のやりとりは不動産会社とだけですから、確定申告に手間がかかりません。安定した収益確保と、手間を省けることが、サブリース契約で得をする方法です。

信頼関係が大切

大家さんが、不動産会社とサブリース契約を結ぶことは、賃貸借契約に該当します。2年毎の契約更新や、不動産会社が希望すれば、原則更新は維持される点は、住民との賃貸契約と同じです。つまりは、信頼関係が何より大切なのです。ですから、しっかりと不動産会社を選ばなければなりません。では、不動産会社を選ぶ際のいくつかの要点について、記載しておきます。1点目としては、事業計画や収支の計画書をしっかり提出してもらうことです。そのときに計画書が実現が可能なものと言えるかどうか、しっかり確認しましょう。具体的には、家賃や空室率、維持費や修繕費などを、しっかり検証することです。併せて、その会社の提案力や信頼性もしっかり把握しておきましょう。また、計画を実行する力があるかどうか見極めることも大切です。住民やテナントが満足できるメンテナンスを行えるかどうか、募集する営業力がありそうかもチェックしましょう。できるだけ多くの不動産会社を比較することが重要となります。